So-net無料ブログ作成

行政書士・社会保険労務士の創業支援コンサルタント伊関のブログ

                                                                「起業前に知らなければいけない社長の知識(総まとめ)」のお知らせ                                         日時:h31年3月21日(祝)      場所:渋谷                                                      時間:10:30-13:00(受付10:15~)                                                費用:5,000円                                                                                     内容:「実践型」「少人数制」をコンセプトに、、起業に必要な税務、社会保険、社員採用の注意点、得する助成金等 起業のすべてがわかる!                                                                   

我々士業の業界構図

おはようございます。行政書士・社会保険労務士の創業支援コンサルタント伊関です。

さて、我々の仕事は、あまりご縁のない人にとって非常に分かりいく職業です。
ですので、お声をかけていただいたあとに、仕事の内容によって、こちら側で仕事を振り分けることが多々あります。
たとえば、相続1つとっても、いろいろな専門家がからります。

遺言、遺産分割協議書の作成は、行政書士
不動産の変更登記は司法書士
その後の税務署への相続税の申告は税理士
さらに、成年後見などがからんでしたらその専門家など
当然、これ、素人が一人で全部やるのは、ほとんど不可能です。

また、会社の本店移転なども同じです。
移転登記は司法書士
移転後の社会保険、労働保険の変更届は社会保険労務士
税務署への変更届は税理士
許認可事業であった場合は、行政官庁への届出は行政書士
これも会社の担当者1名でやるには無理があります。

おそらくマイナンバー制度はこれらの煩雑さを解消しようというものかと思いますが、それ以前に、素人には、どんな届出が必要かどうかが判断できないのです。

つまり、勉強と同じで、「分からないところがわからない」ように「何が必要なのかがわからない」のです。
そう言う意味では、我々の仕事は、まずはお話の1次受けができて、「何をしなければいけないのか?」「だれに仕事を振り分けていけばいいのか?」という知識が大切なんです。
つまり、自分の職域だけを理解していても話にならないのです。

私の周りにも、弁護士、司法書士、税理士、行政書士、社会保険労務士の先生が、たくさんいます。
そして、いつも周りの先生に仕事をお願いしているのです。

まさに、これが、我々の業界なんです。
ある意味 、特殊な業界なんです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

  行政書士・社会保険労務士の創業支援コンサルタント伊関のブログ