So-net無料ブログ作成

行政書士・社会保険労務士の創業支援コンサルタント伊関のブログ

                                                                「起業前に知らなければいけない社長の知識(総まとめ)」のお知らせ                                         日時:1月22日(日)      場所:渋谷                                                      時間:10:30-13:00(受付10:15~)                                                費用:4,000円                                                                                     内容:「実践型」「少人数制」をコンセプトに、、起業に必要な税務、社会保険、社員採用の注意点、得する助成金等 起業のすべてがわかる!                                                                   

久しぶりの朝ラン10キロを堪能

おはようございます。行政書士・社会保険労務士の創業支援コンサルタント伊関です。

久しぶりに朝ラン10キロ。
例のマラソンリタイア以来、まともな練習ができていませんでしたが、1か月ぶりの10キロラン。
だいぶ体もなまってきたので、このGWは、毎朝、走り込みをしたいと思ってます。
久しぶりに走ってみて、感じたこと。

1キロ5分30秒ペースって、こんな早かったっけ?
えっ?こんなにスピードあげてもまだ1キロ5分30秒ペース?

時計を疑ったぐらいです。

1キロ5分10秒ペースに戻すのには少々時間がかかりそうな予感。
やっぱり走り込みをしてないとダメですね。
ペースが遅すぎ・・・。
でも、無理しないでな少しずつ頑張ります。
無理は禁物だと、1か月前に悟ったばかりですから・・・・。

ということで、楽しいGWを過ごしましょう。


タグ:朝ラン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

なぜ遅刻する人はいつも遅刻するのか?

おはようございます。行政書士・社会保険労務士の創業支援コンサルタント伊関です。

「この人、待ち合わせに遅れてくるだろうな・・」って思う人って、だいたい期待を裏切らず遅刻してくる。
なんでなんでしょうかね?(笑)
飲み会でも、待ち合わせでも、会議でも、自分の用事に来てもらっているにも関わらず・・

なんでも遅れる人っていませんか。

その1つには、時間の読みが甘いということ。
前の打ち合わせが、1時間で終わるとか、この打ち合わせは1時間でおわらないとか、時間の読みが甘い
だいたい+15分は延長するものだと考えた方がいい。

さらには、移動時間を綿密に計算してしまう癖のある人。
つまり、電車の乗り換え時間等をネットで分単位で調べて、ぴったりその時間に到着しようとしたがる人です。
これは、電車が遅れると必ず遅刻することになります。
私が思うには、待ち合わせには多少の予備時間がなといけないと思うのですが、時間貧乏の人はそれができない。

この2つの特徴がある人は、必ずいつも遅刻する。

で、遅刻しない人は、いつも遅刻しない。
なぜなら、たいてい到着時間の30分前には着いているから・・・。

このような時間に関するマイナスのパーソナルブランドを自分につけてしまっている人は、なかなか払拭できません。
上で述べた2つのことを意識するだけで明らかに遅刻が減ると思います。

実践あれ!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

これ私がやらないといけないんですか?思考

おはようございます。行政書士・社会保険労務士の創業支援コンサルタント伊関です。

なんで これ やらないといけないんですか?
やる意味が分かりません

新人にこんな言葉で悩まされている上司の嘆きを聞きます。

確かに一昔前では、このような言葉は御法度でした。
でも最近では、「その仕事のやる意味」を意識する新人が多いと聞ききます。

これは究極の「効率化」現象なのでしょう。
無駄」をなくすという発想です。

で、話を元に戻すと、会社の仕事の8割は無駄なことかもしれません。
長い会議、部署間の調整、懇親会、・・・・・。
いろいろあります。
ただ、この無題に見える集合体で「会社の組織」はなりたっています。

もちろん、そもそもの雑務も存在します。
資料のコピー、封筒の宛名書き、場所の予約、・・・・。
いわゆる秘書業務。

若者が、その仕事のやる意味を問うのは、自分の能力と仕事のレベルを比較しているのかもしれません。
後者の仕事は、「大卒の自分がやらなくてもいいのでは?」という発想です。
ただ、それは明らかに違います。
雑務といわれている業務にも仕事が出来る人と出来ない人のレベルは大きく存在しています。
正直、それでが、出来ない人は、何をやらせても出来ないのです。
これは、全部の仕事を一人でこなす個人事業主になってみるとよくわかります。
いかに雑務がどれほど大切かということがです。

では、前者の無駄にみえる作業はどうなんでしょうか?
これは、組織の運営では、必ず必要になるのです。
まさに組織間の接着剤になるものです。
これにも仕事が出来る人と出来ないが存在します。
これを嫌うのであれば、組織内での仕事は向いていません。

つまり、前者のケースも後者のケースもどちらも会社には無駄は無いということなんです。
無駄と思うのは、会社の運営が分からないから。
新人は、全体が見えて来て、疑問が消えた時点で、次のフェーズにうつれる。つまり成長したことになるのです。
その前段階で 行動を拒んでしまうと どこの会社に行っても通用しなくなるのです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

営業に配属されて悩むことはない!

おはようございます。行政書士・社会保険労務士の創業支援コンサルタント伊関です。

もうすぐ5月。
世間では「5月病」という言葉があります。
これは、GWを超えると、新入社員は疲れがどっと出て、会社に行きたくなくなる心の病。
その多くが 学生時代と社会人生活とのギャップや自分の希望職種とのギャップから生まれてくる。

そこで、私の二十数年前を思い起こしてみると・・・。

外資系のコンピューターメーカーに就職。
何となく、システムエンジニアに憧れて。。。。
でも、この「何となく」というのは、学生では当然なんですよね。
社会人経験が無いから、「仕事って何するの?」的な人が大半なんです。
で、いざ就職面接で、職種希望をいうと、無残にも「営業配属
こたえましたね。
営業」っていう響きに。
大学を出て、営業かよ」って声が親族から聞こえてくる感じがして・・・。
でも、当時は、世間的にも、個人的にも 営業って響きに抵抗がありましたしね。
当然、自分の親も・・・。
個人的な営業のイメージって、営業=新聞配達の売り込みだったんです(極端すぎるか・・・・)
そうそう、5月ごろは丁度悩んでいた時期でした。

で、なんだかんだいって、工学部の機械工学科出身の自分が18年間、営業やってたんです(笑)

ひとことで言うと、営業って難しいけど楽しい
難しいって何が難しいのか?
新卒者にすると、「単にものを売るだけじゃない?」て思うかもしれない。
でも、会社の組織、経営、業界知識、もちろん製品知識、さらには、接待用のお店の知識など、すべてが必要なんです。
そして、さらには、人間力。
いわゆるコミュニケーション力です。
そして、信用力。
つまり、学問以外の知識をフル動員しないと、ものやサービスは売れないんです。
しかもその自分の知識が、「会社の顔」になるんです。
これは、すごい職種なんだなあって、10年以上してから気がついた。
誰にでも出来ることではないだと。

最近、中小企業の社長さんとよく話すことは、「いい営業さん、どこかにいない?」って。
そうなんです。
できる営業マン」って自分が考えている以上に、周りにはいないんですよね。
自分視点では、営業って能力や技術がない仕事ってイメージかもしてれませんが、とんでもないんです。

新卒で営業に配属されて悩んでいる人に一言。
君は、選ばれたんですよ。
会社側に、君は営業マンの才能があるということで・・・。
自信をもってくださいね。
凄いことだということに・・。
そして、営業職を楽しんでください。
きっと人として成長するはずです。

ではまた。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

なぜ経営者はマラソンするのか?

おはようございます。行政書士・社会保険労務士の創業支援コンサルタント伊関です。

たまに聞かれるんです。

「なんで、経営者の人ってトライアスロンやマラソンをする人が多いのですか?」


言われてみるとそうかもしれませんね。
まじまじと考えたことありませんでしたが・・・・。

で、自分なりに考えてみた。
理由は、いくつかあると思いますが、概ね こんなところでしょうかね。

1.上司がいないので、自分が追い込まれることがない。
つまり、自分で自分を追い込まないと「たるんでしまうんです」
心も体も。
その一つの手段が、自分1人でできるスポーツ、マラソンであったりトライアスロンであった
りするんだと思います。

2.時間が不規則なので、自分1人でできるスポーツであることが気楽なんです。
テニスや野球、サッカーやバドミントン。
すべて相手がいないとできないけれど、やりたいときに1人でできるのがマラソンなんです。

3.経営者は健康オタクになりがち。
経営者は体が資本だからです。
身をもって体験しています。
だから何かスポーツをしていないと、不安になるんです。
 
4.ジョギング中に、アイデアが生まれやすい。
スポーツしている最中に、いろいろなことを考えることのできる唯一のスポーツなんです。
普通は、スポーツの最中ってボールを追っていたりするので、ほかのこと考えられないですよ。 それが、マラソンは走りながら他の事 考えることができるんです。不思議なスポーツといえば不思議なスポーツです。

5.記録に挑戦できる。
経営者は、結果にこだわる。
しかも相手に迷惑をかけずに、相手に勝った負けたがなく、自分との闘いなんです。
これも魅力の1つだと思います。


ずらずら、書きましたが、こんなところでしょうかね?
とりあえず、備忘録として・・・。

ではまた。  
    


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

最近のこの一冊!

おはようございます。行政書士・社会保険労務士の創業支援コンサルタント伊関です。

また、はまりました。
最近のこの一冊
それは東野圭吾作品
今回はこれ。

夢幻花 (PHP文芸文庫)


相変わらず面白い。
やはり天才ですね。
彼は・・・。
みんなに読んでほしいミステリー文学の1冊です。

話は、かわりますが、昨日の投稿「20代のマナーに一言」ですが、意外に反響があり驚いています。(特にSNSでは)
皆、感じていたんでしょうね。
特に我々の世代の経営者は。

採用時の面接、欠席の連絡時、入社後の行動・・・・
いろんなところで顕著に現れるんです。
些細なマナーが。

何とかしないといけませんね。
これから日本を背負っていく世代の人たち。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

20代のマナーに一言

おはようございます。行政書士・社会保険労務士の創業支援コンサルタント伊関です。

昨日は起業セミナーへのご参加ありがとうございました。
休日にも関わらず、さらには暴風雨の中、大変お疲れさまででした。

さて、最近よく思うことが、申込者の無断での当日ドタキャン。
この無断ドタキャン者は、昔から数パーセントいることはわかっていましたが、最近統計的に感じているのが、きわめて20代に多いということ。
50%は超えるのではないでしょうかね?

うーん。やはり社会経験の有無なのだろうか?
もちろん20代でもしっかりしている人は大勢いますが、40代、50代の人と比べると顕著です。

少人数セミナの場合、座席がうまるとお断りしている人もいるので、ドタキャンされるとお断りした人に失礼にあたるんですよね。
莫大な資料も無駄になるし・・。

お前のために、1人分の資料も座席もきちんと用意しているんだよ。
おじさんは。。。

今後は20代お断りとした方が、結果的に効率的であるので、そうすべきか悩み中です。
まじめな20代の方もいるので、難しい判断です。

若者よ。起業の勉強よりも、まずは社会人としてのマナーを身につけるのが先かもしれないぞ。

ではまた。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

起業前に必要な最低限の知識とは

おはようございます。行政書士・社会保険労務士の創業支援コンサルタント伊関です。

久しぶりのセミナーのご案内です。

タイトル:起業前に知らなければいけない社長の知識(総まとめ)
日時:4月17日(日)10:30-13:00
場所:渋谷
参加費:4000円

お申し込みはこちらから
http://www.seminarjyoho.com/course_show_179291.html
(このセミナーの売り)
それなりに密度は濃いです。
起業前に短時間で一通りの経営知識が身につきます。(会社運営、税務、労務)

いかがでしょうか?
このセミナー。
少人数制 6名限定。
質問もし放題。

得すると思います。

以上。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

ミドルエイジ起業

おはようございます。行政書士・社会保険労務士の創業支援コンサルタント伊関です。

4月になり、次女に部屋をゆずり、とうとう自分の部屋がなくなりました、
おかげで、だいぶいらないものも捨てることができました。
スーツや洋服、そして、いらない諸々のもの。
気分すっきりです。
で、事務所もきれいにしないといけませんが、やはり一気にやるにはGWになってしまいますね。

ところで、4月は起業の方が多い。
特に55歳前後の方が多い。
やはり、今は、ミドルエイジ起業が盛んになってきているのでしょうか。
定年まで自分の会社にいるという「あたりまえ」が減って来たのでしょう。
50代ならまだまだ体力があるので、やりたいとこが全力できます。
そういう意味では、シニア起業よりもミドルエイジ起業の方が活動の幅が広がっているように見えます。

「いつやるの?」
「いまでしょ」

まさに、ミドルエイジ起業に当てはめるといいかもしれませんね。

ではまた。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

走れる喜び

おはようございます。行政書士・社会保険労務士の創業支援コンサルタント伊関です。

ジョギングの練習を再開しました。
あれから、3週間。
体ももとに戻り、通常に戻りました。
土・日それぞれ10kmラン。
桜の花びらが舞うなか、光が丘公園を気持ちよく走れました。
元気になって走れる喜びを感じました
少しづつ距離を延ばして、GWには、20キロ、30キロが走れるようにしたいと思います。

で、ギターのほうも順調?かと・・(笑)
昨日は、先生にもだいぶ上達したといわれて、一人ほくそ笑んでいます。
早く、今の曲、ビートルズは弾けるようになりたいですね。
こちらも楽しみです。

では、また。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

  行政書士・社会保険労務士の創業支援コンサルタント伊関のブログ

メッセージを送る