So-net無料ブログ作成

行政書士・社会保険労務士の創業支援コンサルタント伊関のブログ

                                                                「起業前に知らなければいけない社長の知識(総まとめ)」のお知らせ                                         日時:11月26日(日)      場所:渋谷                                                      時間:10:30-13:00(受付10:15~)                                                費用:5,000円                                                                                     内容:「実践型」「少人数制」をコンセプトに、、起業に必要な税務、社会保険、社員採用の注意点、得する助成金等 起業のすべてがわかる!                                                                   

社労士試験に思う

こんにちは。行政書士・社会保険労務士の創業支援コンサルタント伊関です。

今日は年に1回の人間ドック。
結果はわかりませんが、それだけで安心。
単純な人間なんです。

先週末、社労士試験があったんですね。
もうかれこれ7年前ですので、すっかり試験のことは忘れてました。
SNSをみて思い出した次第です。

今にして思えば、社労士試験は、昔から賛否がいろいろある試験です。
それは、1科目だけでも1点足りないと落ちるからです。
科目合格も無く、総合点も関係ない。
すべての科目て、合格点をとらないとその年はゼロリセット。
翌年はまた1からスタートです。
さらに言うと、合格点が、年によって補正が入るんです。
補正とは難易度に応じた基準点の調整です。
これも不思議といえば不思議。
つまり作問者側で毎年の合格率の調整ができてしまう試験なんです。

で、何が言いたいかと言えば 補正を当てにして合格を狙っているようじゃ実力は運次第だということ。
科目合格に1点で泣く人も多いですけど、これも所詮その程度の実力なんです。
今年は、合格率が2.5%だとか4.5%だとか騒ぐ人がいるけどこれもナンセンス。
合格率なんて正直関係ない。
補正に関係なく確実に受かる点数をとればいい。
1%以内に入る勉強を死ぬ気ですればいい。
試験なんて 自分との戦いなんだから、他人を意識した合格率や補正なんかを当てにしていると、4年も5年もかけて、結局受からず見かけ上の挑戦している人、頑張ってる人になってしまいます。
で、それで自己満足しても何も残らないんです。
それでは人生もったいないです。

厳しい言い方かもしれませんが、1発、1年で受かるくらい死ぬ気でやらないと永久に受からない試験ですよ。
言い訳抜きに・・・。
1日10時間の勉強を1年間続けて見なさい!
そうすれば受かりますよ。
難関国家資格試験ってそういうもんです。

これから目指す人、そのくらいの意気込みで頑張ってください。
これは現実を知ってもらうための応援メッセージです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

  行政書士・社会保険労務士の創業支援コンサルタント伊関のブログ

メッセージを送る